シンガポール転職までのサクセスストーリー!~やすこさん28歳(仮)の場合~ – Good Job Magazine

シンガポール転職までのサクセスストーリー!~やすこさん28歳(仮)の場合~


 

こんにちは!

Good Job Magazineの古林です。

 

シンガポール転職までの具体的な流れが知りたい!何から始めたらいいの?

そんなあなたのために、今回は主人公 やすこさん(女性・28歳・仮名)に登場頂き、日本での転職活動から、

実際の来星までの御話をシェアしてもらおうと思います。

 

シンガポールでサクセスストーリーが生まれるまでの軌跡、ぜひ皆さんの参考にしてみてください♪

——————————————————-

<登場人物>

小野やすこ (28歳 女性) 新卒から2社、営業や営業事務職としてメーカーにて勤務。

大学時代に1年間留学した経験があり、海外で就労することを夢みている。

常にチャレンジ

新卒から3年努めたメーカーでの営業事務職を経て、ステップアップを目指し営業職へと転職したやすこさん。

入社からさらに3年がたち、何となく今のポジションや、ルーティン化した仕事に対する憂鬱な気持ちを感じると同時に

学生時代に経験した留学経験を思い出し、30歳を目前に「海外就職」という言葉がよぎるように。。

 

ある日、やすこさんはシンガポールで働く先輩がいたことを思い出し、Facebookのメッセンジャーを送ってみました。

先輩は、シンガポールの気候や会社での風通しのよさ、そして女性でも働きやすい環境があることをやすこさんに教えます。

「シンガポール一回来て見たら?」

その言葉に動かされ、やすこさんはお盆休みを利用し、シンガポールに渡航することを決めます。

先輩:「せっかくくるならエージェント登録してみたら?タイミング合えば面接できるかもしれないし★」

やすこさん:「え、エージェントって何ですか?」

先輩:「転職斡旋してくれる会社が現地にはあるからとりあえず情報収集だとおもって30分ぐらい時間とって話してみたらいいと思うよ!」

 

そこでシンガポールにあると思われる人材エージェントに履歴書を送ってみることに。

後日、やすこさんに連絡が来て、登録面談と呼ばれる面談をすることにまりました。

現職中のやすこさんは、お昼休みの時間を使って現地エージェントと話し希望の業界や、ビザについて、そして今の仕事について話しました。

「ビザの問題はあれど、思ったよりハードル高くないかも!!物価も思ったよりも高くないかも!!」

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_l

そう感じたやすこさんは、登録したエージェントから紹介される求人の中で興味のあった日系旅行会社のカスタマーサポートのポジションに応募をすることに・・・

 

「でも、海外からの応募って不利じゃない?もし、来星のタイミングで面接してもらえなかったらどうしよう?」

 

そんな不安もあった中エージェントに依頼をし、書類選考のスピードやせっかくの対面面接での機会を活かせる様、

1週間後には1次面接をスカイプですることに・・・!

スカイプとはいえ面接。家の中でも余計なものが映らないようなスペースを作り、ジャケット着用、Wifiオンの万全の体制で臨みます。

3cd3c526bee906cdd85a8c475f794fd5_m

面接官は2名、人事担当のローカルの方と、カスタマーサポートの部署の部長の方。

二人ともとても雰囲気の良い方で終始なごやかに面接が進む。

聞かれた内容としては、事前にエージェントから共有してもらっていた(内容)この内容がほとんどで、しっかり対策ができたおかげか、初めての英語面接も何とかクリア!

 

結果は1週間程で・・・といわれて無事スカイプ面接は終了。

 

すぐにエージェントからの電話があり感想を聞かれました。

「お疲れ様です!うまく行きました!?」

 

やすこさんは、聞かれた内容や雰囲気、そしてこのポジションに対する想いを担当のコンサルタントに伝えます。

 

「興味持ってくださったなら良かったです!先方も良い印象だったそうなので、8月来星頂くタイミングで対面接してもらえるように依頼してみます!!」

 

どうやら、2次選考へ進めるようでした。

そこから2週間ほど、土壇場で決めたシンガポール旅行も、気づけば転職のチャンスとなっていて、

南国の国だが、ジャケット持参で初の来社。

思っていたよりも交通の便がよいシンガポールで、面接時間にオンタイムで到着!

2次面接では、会社の代表の方とお会いすることになっていて緊張はマックス・・・!

でもシンガポールにまで来ていたこと、そして何より今回が最後の機会だと思って入社したい想いを伝えることに!

 

面接時間は1時間・・・なぜシンガポールに来たいと思ったのか?なぜこのポジションで頑張りたいのか?・・

応募に至った経緯をやすこさんは必死に伝えます。すると最後に 「最短でいつから働ける?・・」

 

「え?!ビザがもし取れたらすぐにでも退職の話をします!」

 

思わぬ質問にやすこさんは、驚きを隠せないまま代表に連れられオフィス見学をさせてもらえることに。

そこには日本と同じようなオフィスの雰囲気の中に色んな国籍の人と飛び交う英語。

やすこさんがずっと憧れていた環境がありました。

「何回もシンガポールに来ることは難しいだろうから、今伝えておこう。

基本的には、君にはうちに来て欲しいと思っている。あとはエージェントさんに伝えておくよ。」

 

一通りメンバーの紹介や部署の紹介をしてくれた代表の方が最後にやすこさんに言ってくれた言葉でした。

無事面接を終えたやすこさんは、ようやく緊張から開放されエージェントに電話をします。

 

するとエージェントからも

「良かったですね!聞きましたよ!!おめでとうございます。」

 

どうやら本当に内定をもらえたようでした。

そこからは、担当コンサルタントの方の頑張りもあり、具体的な就労時間や、給与、福利厚生等を確認し

全てに納得したところで、企業側の署名がはいった正式な内定通知書(オファーレター)が送られてきました。

 

どうやら企業側も人事手続きが必要だったようで、この通知書が届いたのはやすこさんが帰国してから。

通知書はPDFファイルにて送られてきていてプリントアウトしたものにやすこさんの署名が入れば内定同意とのことでした。

 

自宅に帰ったやすこさんは、震える手で署名し同日中にエージェントに返送・・!

ついに、夢の海外シンガポールでの生活が始まるのです!!

IMG_3446

⇒次回 オファー承認からビザ申請~来星~入社までの御話をします♪

================================================

 

やすこさんと同じように海外就労に興味があるけど、何から始めていいかわからない・・

シンガポールってどんな国なの?働きやすいの?些細なご相談からで構いません♪

まずはお気軽にご連絡ください!

シンガポールで就労中の皆様の転職のご相談も大歓迎です!

http://www.goodjobcreations.com.sg/

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter