~シンガポールから行ってみたシリーズ~②タイ(プーケット)編 – Good Job Magazine

~シンガポールから行ってみたシリーズ~②タイ(プーケット)編


~シンガポールから行ってみたシリーズ~②タイ(プーケット)編

こんにちは!Good Job Creationsの濱口です。

本日は「シンガポールから行ってみたシリーズ」の第二弾、タイ(プーケット)についてです!

 

シンガポールに住んでいる方、移住を検討される方からよく聞く意見として、
「シンガポールは狭いから面白くない」
「1年住んだらやることが無くなる」
といったやや冗談交じりの文句がありますが、国土が狭い分、近隣諸国との距離が近いという利点があります!

この「シンガポールから行ってみたシリーズ」では、その利点にフォーカスを当てて、シンガポールから短時間で行ける旅行先について紹介します!

さて、前回ご紹介したベトナム(ダナン・ホイアン)は片道2時間半でしたが、今回のプーケットはなんと1時間45分!
日本国内で考えると、東京から福岡に行く時間で着いてしまいます!
そんなプーケットに行ってきましたので、ご紹介します!

 

 ■サクッと行ける!タイ旅行

「プーケット」という名前を聞いて、なかなか場所が思い浮かばない方も多いのでは?と思います。
タイの首都、バンコクの遥か南に位置しており、シンガポールからは北西の方向にあります。

先程もお伝えしたとおり、シンガポールからのフライト時間はなんと1時間45分
ジェットスターやタイガーエアー、エアアジアなどのLCCも多く運行している路線なので、航空券は往復で2万円程度で購入が可能です。

赤の印がプーケット

赤の印がプーケット

 

■プーケットの基礎情報

プーケットはビーチリゾートとして有名で、エメラルドグリーンの美しいビーチを楽しめます!
シンガポールとの時差は-1時間、日本との時差は-2時間なので、あまり時差がないこと良い点ですね♪

観光のベストシーズンは乾季の11~2月。3~5月は一年で最も暑く、雨季の6~10月でも雨が降り続くことはないそうです。

通貨はタイバーツ、シンガポールと比較すると物価も安いので、食事やショッピングを心置きなく楽しむことができます!

 

■プーケットでしたいこと3選

①なんといっても海!
ビーチリゾートであるため、なんと言っても海をオススメします。
水の透明度はもちろんのこと、遠浅のビーチが多いため、泳ぎの得意で無い方も安心して楽しむことができます。
また、カロンビーチ、パトンビーチなどは島の東側に位置しているため、夕日がとてもキレイです。
ビーチでまったりしながら、夕日を眺めるだけでも行く価値はありますね!

筆者が撮影した写真。素人でもこのような綺麗な写真が撮れます!

筆者が撮影した写真。素人でもこのような綺麗な写真が撮れます!

 

②マリンスポーツ
プーケットでは様々なマリンスポーツを楽しむことができます。
パラセーリングやスキューバダイビング、シュノーケリングなどたくさんの種類があるので、十分楽しむことができます。
私はシュノーケリングを行いましたが、そこら中に魚がいて、少し気持ち悪さを感じるほどでした。(笑)
fishes

 

③マッサージ
プーケットはタイということもあり、タイ式マッサージのお店が至る所にあります。
シンガポールや日本と比較すると物価も安いため、30分のフットマッサージで250バーツ(約750円ほど)、60分でも400バーツ(1,200円ほど)で受けることができます。
また、私の滞在したカロン・ビーチの近くでは、フットスキンケア(かかとの角質落とし)やペディキュアなどのメニューも豊富にあり、男性・女性問わず楽しむことができます。

 

=================================

シンガポールにいると、海外の距離がとても近く感じます。
距離的な近さはもちろんのこと、心理的な近さも大きいと思います。
同僚や知人など、シンガポールに住んでいる方は頻繁に海外へ出張・旅行へ行っているため、親近感が湧くのかもしれません。

というわけで旅行が好きな方だけでなく、海外の方と繋がりたい方、ビジネスを始めたい方などにも、シンガポールはオススメです!

興味を持たれた方は、お気軽に弊社にお問い合わせください!
仕事探しから生活の仕方まで、担当コンサルタントが親身になってサポートします。

http://www.goodjobcreations.com.sg/

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。