~シンガポールから行ってみたシリーズ~⑦南アフリカ共和国(ケープタウン・ヨハネスブルグ)編 | Good Job Magazine (シンガポールでの就職・転職のあれこれをお届けするWebメディア「Good Job Magazine」です。シンガポール就職のコツ、就職体験談など、シンガ ポールでの就職・転職を目指す人に役立つコンテンツを配信します。)

~シンガポールから行ってみたシリーズ~⑦南アフリカ共和国(ケープタウン・ヨハネスブルグ)編


みなさんこんにちは!グッドジョブマガジンの濱口です。

今回は久しぶりの行ってみたシリーズ!南アフリカ共和国編です。

前回まではアジア諸国が多かったですが、旧正月に長期休暇をいただけたため、思い切ってアフリカ大陸に挑戦しました。
アジアとは違う点が多く、良い意味で予想を裏切られることばかりでとても充実した旅行でした!

テーブルマウンテン

テーブルマウンテン

意外と近い?南アフリカ

「アフリカ」と聞くとかなり遠いようなイメージがありますが、距離的にはヨーロッパへ行くのと大差ありません。(それでも十分遠いですが。。。)
シンガポールからは、シンガポールエアラインで直行便が出ており、約11時間で到着します。

私は以下のルートで行きましたが、他にも様々な航空会社があるので、時間によって選べるかと思います!

往路:エチオピア航空 チャンギ空港→アディスアベバ(エチオピア)→ケープタウン(南アフリカ)
復路:シンガポール航空 ヨハネスブルグ(南アフリカ)→チャンギ空港 直行便

 

南アフリカの基礎情報

南アフリカ共和国(Republic of South Africa )は、アフリカ大陸の最南端に位置する国で、2010年にはワールドカップが開催されたことにより、日本の方にも有名となりました。
シンガポールからの時差は6時間、一年を通じて気候は比較的温暖で日照時間が長く、観光はしやすい環境です。
南半休に位置しているため、現在は夏で、私が行ったときは20~25度ぐらいでした。

 

アフリカはなんとなく危ないイメージ・・・気になる治安は?

アフリカと聞いて、みなさんはどのようなイメージを抱くでしょうか?動物がいそう?治安が悪そう?そんなイメージを払拭させるのが南アフリカです。
ポルトガル、オランダ、イギリスの影響を色濃く受けた町並みは、石畳の道路やレンガ造りの建物が多くあり、まるでヨーロッパのようなおしゃれさがあります。

ORG__DSC2888

街中には英国風のパブやコーヒースタンドが多くあり、コーヒーは1杯150円~200円ほどで飲めました。シンガポールと比較すると、食事などの物価はかなり安かったです。

昼間から営業しているパブ

昼間から営業しているパブ

夜間に出歩くのはあまり推奨されておりませんでしたが、危険な目にはまったく会いませんでした。
大柄な方が多いことが少し慣れない感じもありましたが、街中の人はとても気さくで、陽気な方が多い印象でした。

タクシーはぼったくられることが多いようですが、私はUBERを使ったので全くそんな心配はなく、UBERの運転手はとてもホスピタリティに溢れた方が多かったです。

 

写真で見る、南アフリカ

ボ・カープ地区。マレー系移民によって作られた町並みとのこと。

ボ・カープ地区。マレー系移民によって作られた町並みとのこと。

ケープタウンは深刻な水不足に陥っており、あと78日で水道から水が出なくなる。

ケープタウンは深刻な水不足に陥っており、あと78日で水道から水が出なくなる。

アフリカらしい路上パフォーマンスも。

テーブルマウンテンの頂上から。

テーブルマウンテンの頂上から。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
シンガポールに住む魅力として、「旅行のしやすさ」が挙げられるかとは思いますが、アジア以外にもたくさんの場所に直行便で行ける、というのは短期間でも旅行がしやすく、良いポイントだと改めて気づきました。
チャンギ空港は市内からのアクセスが良いのも、旅行のハードルが下がる一つの要因ですね。

さくっと調べた情報によると、チャンギ空港からは128都市への直行便があるようです。(羽田空港からは78都市、関西空港からは73都市)
これだけあると、旅行先が選べないです。。。

空港からのバス。シンガポールのバスと同じようなデザインでした。

ケープタウンの空港からのバス。シンガポールのバスと同じようなデザインでした。

当社ではシンガポールでの就職を希望される方に、無料相談を行っています。
もし少しでもご興味がありましたら、以下URLよりお気軽にお問い合わせください。
https://www.goodjobcreations.com.sg/

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter