もしもの時どうする??~シンガポールの保険事情~ – Good Job Magazine

もしもの時どうする??~シンガポールの保険事情~


在星日本人の医療事情

皆さん、初めましてGood Job Magazineの伊藤敬一です。

今回からはライターとして私も定期的にシンガポールの現地の情報を皆さんにお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

海外に住む日本人にとって、病気やケガをした際の治療費や医療費をどうするかというのは大きな問題だと思います。

そこで、今回はシンガポール在住日本人の保険事情に関してご紹介します。

122bce51439c6782f607afffc7a5d269_s

日本に住んでいた時は医療保険に自動的に加入していたので、保険証を出せば、治療費の3割を負担するのみで、安価で治療を受けることができたと思います。

しかし、シンガポールではそうはいきません。基本的にシンガポールでは医療費は100%自己負担なので、自分で保険に入ったり備えをしていないと、治療の際に高額な医療費を請求されることも…!

 

Medical Allowanceと民間保険

シンガポールでは、企業ごとにMedical Allowanceという医療費補助が年間S$1,000程度ついていることが一般的です。ちょっとした風邪やケガの場合は、病院に行った後に医師の診断書をもって、会社に請求すれば、治療費を会社に請求することができます。

7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_s

私の場合、これに加えて、もしもの時に備えてシンガポールで民間の保険に加入しています。保険料は私の場合、年間S$400ドルくらいです。

大きな病気やケガをした場合、保険会社と提携している病院に行けば、病院で支払いをすることなく、治療を受けることができ、診断書を後日、保険会社に送付すれば、保険会社から直接病院に支払ってくれます。

 

保険を選ぶ際の注意点

いろいろな種類の保険があるので、自分に合ったプランを選ぶ必要があると思います。

どのような場合に保険が適用されるのか?提携している病院はどんなところか?等、加入の前に保険の契約内容に関してはよく確認することをお勧めします。(保険のプランによっては提携先の医療機関に日本語に対応している病院が含まれていない場合があるので注意が必要です。)

 

番外編:歯の治療費は高額!!

ちなみに、日本では歯医者に行っても高額な金額を請求されることはあまりないですが、シンガポールでの歯の治療費は非常に高額です。

親知らずを抜歯してS$1,000請求された!という話も聞いたことがあります…在星日本人の中には、日本に帰国したタイミングで治療をするという方が多いです。

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter