シンガポール転職準備。英文レジュメ……どうやって書けばいいの? – Good Job Magazine

シンガポール転職準備。英文レジュメ……どうやって書けばいいの?


みなさん、こんにちは!
Good Job Magazineの古林です。

これまで数回にわたり、シンガポール転職に成功した方々へのインタビューをしてまいりましたが、内定までの道のりで必ず乗り越えなければならないのが「面接」です。

そして面接にあたって必要になるのが「履歴書」。ご自身がどういったキャリアを描いてきたのか、どういった理由で転職をしようとしているのか、そして応募先企業への志望動機など、就職活動に欠かせないものです。

面接にあたって必要になるのが「履歴書」

面接にあたって必要になるのが「履歴書」

日本では応募にあたって履歴書、職務経歴書の2点が必要になりますが、シンガポール就職で用意する履歴書も同じものなのでしょうか?

実は、シンガポールも含め、海外の履歴書「英文レジュメ」には日本のようなひな形、スタンダートな形式はないのです!

今回は、シンガポール就職を目指す方々に必要なこの「英文レジュメ」について、サンプルとともにお伝えできればと思います。

海外の履歴書、英文レジュメの特徴とは

日本の履歴書は、その1枚で人となり含めすべてをアピールできるように作られています。例えば、「住所」「性別」「年齢」「健康状態」「配偶者の有無」「過去の給与」など、個人情報を記載するケースが多いです。

一方で英文レジュメの場合、上記項目は場合によっては採用する側からの差別項目にあたるとされることがあるため、原則記載の義務はありません。よって、このような個人情報の記載を省くことが多いです。趣味・特技など、仕事に関連しない内容も一切入れる必要はありません。

また、1. 履歴書、2. 職務経歴書のように、2種類に書類を分けることもありません。1枚の紙に簡潔に情報をまとめ、面接官に対してわかりやすくシンプルに伝えることを重視しています。

英文レジュメに必要な項目、記載例

英文レジュメ作成にあたり、最低限必要となる項目は以下のとおりです。

項目

  • 名前/連絡先等の個人情報(* 写真は必須ではありません)
  • 生年月日
  • 学歴
  • 職歴(企業名・ポジション・就労期間・就労内容→箇条書きが好まれる)
  • スキルや業種が一貫している場合、職歴・経歴・パーソナリティのサマリがあると良い
  • その他スキル・資格

記載例


Name
〒Address in Singapore
Tel / Email address

Objective (志望動機等)

WORK EXPERIENCE(職務経歴)

Good Job Creations Pte.Ltd (Jan.2010-Dec2016)
-Position title-

  • Prepare monthly payments for….
  • Maintain existing clients and develop new clients…
  • Supervise team members and report to HQ in Japan. etc…

EDUCATION

Good Job University (April.2005-March.2009)
Department Of Human Resources.

QUALIFICATIONS

  • TOEIC900 (March.2016)
  • Driving License (March.2008)

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter