「日本支社から地域本部へ社内転職」外資系商社勤務 Gさん – Good Job Magazine

「日本支社から地域本部へ社内転職」外資系商社勤務 Gさん


こんにちは!
Good Job Magazineの古林です。

シンガポールで働くたくさんの日本人の方と知り合う中で、これぞ海外経験を活かしての転職! という方に出会いました。

今回は豊富な海外経験を活かし、現在はシンガポールで活躍するGさんにインタビューをいたしました。

自己紹介をお願いします

1985年横浜生まれ。
父親の転勤によりイギリス、ドイツ、アメリカ、日本で育ちました。

  • 幼少期:イギリス
  • 幼稚園~小学校:ドイツ
  • 小学校卒業:日本
  • 中学~高校:アメリカ
  • 高校~大学:日本

このように幼少期から海外を転々としてきましたが、大学卒業後は日本での就労を経て2012年からシンガポールで勤務しています。

「日本支社から地域本部へ社内転職」外資系商社勤務 Gさん

「日本支社から地域本部へ社内転職」外資系商社勤務 Gさん

シンガポールではどのようなお仕事をしていますか?

現在は外資系の食品商社にて、アジア・オセアニア地域における物流ネットワークの構築を主な業務としています。その中でも僕の担当は物流に関わるバックオフィス業務の統合、委託を行っています。

外資系はグローバルな経歴を活かせそうですね。
現職の前はどのようなお仕事をされていましたか?

日本で証券会社や石油輸出入関連会社の勤務を経て、現在の外資系食品商社に転職しました。そして2012年に同商社のシンガポール アジア・オセアニア本部に転籍しました。

僕の場合、ちょっと変わっていて、内部異動ではなく社内転職になりました。つまり日本からの出向ではなく、シンガポール現地法人の直接採用として働いています。

日本での同企業での経験も活かせる転職ですね。
この社内転職のきっかけはやはりGさんの豊富な海外経験をふまえたものでしょうか?

先ほどもお伝えしたように、僕の場合がシンガポールに来たきっかけは社内転職のため、一般的な転職とは異なります。

ですが、過去の転職からも自分は得意な英語やコミュニケーション能力を生かせる仕事に就いたほうがステップアップできるのではと考えていました。

また、自分の苦手な部分を伸ばすより、得意分野で仕事をすることの方が僕には大事だと思ったので、今回のシンガポールへの社内転職に踏み切りました。

得意な英語やコミュニケーション能力を活かせる仕事を

得意な英語やコミュニケーション能力を活かせる仕事を

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。