シンガポール転職までのサクセスストーリー! ~28歳やすこさん(仮)の場合~後編 | Good Job Magazine (シンガポールでの就職・転職のあれこれをお届けするWebメディア「Good Job Magazine」です。シンガポール就職のコツ、就職体験談など、シンガ ポールでの就職・転職を目指す人に役立つコンテンツを配信します。)

シンガポール転職までのサクセスストーリー! ~28歳やすこさん(仮)の場合~後編


シンガポール転職までのサクセスストーリー! ~28歳やすこさん(仮)の場合~後編

こんにちは!

Good Job Magazineの古林です。

 

シンガポール転職までの具体的な流れが知りたい!何から始めたらいいの?

そんなあなたのために、前回はストーリーの主人公でもあるやすこさん(女性・28歳・仮名)が無事内定を獲得するまでの御話をお伝えしました。

今回は、後編!

シンガポールで仕事ができる事が決まったやすこさんが無事入社をするまでの御話をシェアできればと思います♪

やすこさんはトラブルなく入社日を迎えられるのでしょうか?!

——————————————————-

<登場人物/前回までのあらすじ>

小野やすこ (28歳 女性) 新卒から2社、営業や営業職としてメーカーにて勤務。

大学時代に1年間留学した経験があり、海外で就労することを夢みている。

お盆休みを利用して渡航したシンガポールにて面接をし、日系旅行代理店より無事内定を獲得している。

常にチャレンジ

——————————————————-

新卒から3年努めたメーカーでの営業事務職を経て、ステップアップを目指し営業職へと転職したやすこさん。

先輩の一言がきっかけで休暇をつかってやってきたシンガポールにて、あれよあれよとオファーを獲得し、

内定を得たのが前回までの御話。

 

オファー受諾をしたはいいものの渡航までどうしたらいいの?

シンガポールの保険は?住民票は・・・?

今回はやすこさんが来星し入社するまでのストーリーを聞いて見ましょう。

——————————————————-

エージェント:「やすこさん!改めておめでとうございます!先方もオファー受けていただけるとのことで

とても喜んでおられましたよ。」

 

どうやら私の転職が本当に確定したようだ。。

自分で決めたこととはいえ、思った以上にスムーズに話が進んでしまい自分の中でもまだ

信じられずにいたやすこさんですが、先方からの依頼に現実に引き戻されます。

 

エージェント:「それで、ご入社日なんですが、元々退職へは1ヶ月の通知が必要とおっしゃっていましたよね?

そうすると・・・ビザが下りてから1ヶ月なので、9月末ぐらいに来星というイメージでよろしいですか?」

 

やすこ:「! そうですね・・1ヶ月ですもんね。。思ったより早いですね。ちなみに海外での転職は始めてなのですが

どのタイミングで退職の話は現職にするものなのでしょうか?」

 

エージェント:「シンガポールではIPA(In-principle approval)レターと呼ばれる仮の就労許可のようなものがまず降ります。

それを取得したタイミングで現職へ退職通知をして頂くことが一般的です。

そうすれば、退職の御話だけ進んでビザが下りなかった・・なんて事は無いので安心ですよ。」

 

シンガポールでは、日本人の働けるEmployment Pass・SpassともにこのIPAと呼ばれるものを

取得することが就労開始への第一歩のようでした。

 

聞くところによると、取得までの期間は2週間~1ヶ月ほどとのこと。この期間を経て退職通知~最終出社~来星となることが一般的のようです。

 

やすこ:「了解です!では、一旦はIPA取得するまで現職での業務を続けますね。」

ビザ取得に必要となるパスポートのコピー・Form8(必要書類)・英文の卒業証明のコピーを全て送り

後は待つのみ!

 

その間、やすこさんは来星時にお世話になった先輩に家探しについてや、保険の事など時間が許す限り

相談に乗ってもらいます。

 

先輩:「家なんてすぐ見つかるから来星してからでも遅くないよー!ちなみに私がつかったのはお役立ちウェブっていうサイト!」

http://www.singaweb.net/bbs/frame.html

「ここの 住まい というタブから主に日本人が空き部屋の貸し出しをしていたり、

それ以外にも帰任で不要になった生活用品の売買ができるような掲示板があったりと、結構日本人には

欠かせない生活情報サイトかも!!

家に関しては、貸し出し主が日本人だったり、仲介料がかからなかったりで使っている人も多いみたいだから

来星時にあわせていくつか内覧の予約だけとっておいたらいいと思うよ~。」

IMG_1844

やすこ:「そうなんですね!さっそくチェックしてみます。会社から電車一本でいける駅で見つかるといいな・・」

どうやら家についての心配はなさそう・・・!

 

家賃相場は$900~1500 程で、HDBと呼ばれるシンガポール人向けの公営住宅の一部をレンタルする場合、

また外国人が多く住むコンドミニアムでもバス・トイレ付の部屋なのか、これらを共有するかによっても値段が大きく異なりますが、

やすこさんは、初めての海外暮らしということもあり、コストの抑えられるコモンルームと呼ばれるバス・トイレは別部屋の人と共有する部屋で探すことに決めたようです♪

保険に関しては、下記サイトを参考に・・シンガポールに到着後民間のものに加入することにし、ひとまず準備完了!
もしもの時どうする??~シンガポールの保険事情~

 

 

そうこうしていると、エージェントからメールが届きました。

「小野さま、無事IPAが降りたようです!これでいつでも来星できますね!

最短で来星頂けるお日にちをお知らせいただけますか?同時に現職への退職の御話も進めないといけないですね。。

慣れた職場を離れることは寂しい部分もあるかと思いますが、ご退職日も決まったらお知らせ下さい。」

 

ちょうどその日上司と食事に行く予定があったやすこさん。その週末金曜日に退職通知をすることに決めました。

あわただしく引き継ぎをし、送別会をしてもらい、家も引き払い・・・

シンガポール生活に向けて最低限の荷物のパッキングをしているといよいよ渡航日当日!

19225956_10100877169053705_2065578763417457531_n

新たな生活にへの楽しみと不安が交錯する中、ついにやすこさんが旅立ちました。

~飛び立って約7時間~

到着した瞬間のチャンギ空港は南国ならではの熱気に包まれていていよいよ始まる新しい生活に

やすこさんの心も躍ります。

IMG_9615

入国後、ホワイトカードと呼ばれるイミグレーション時に必要となるカードの半券とIPAレターを握り締め

ついにゲートをでました。

そのままの足で約束していたエージェントオフィスに向かい、健康診断に行くように指示されました。

Raffles Hospitalという日系のクリニックも入っている大きな病院にて、1時間ほどで全ての検査を

してもらい、結果がでるまで3日ほどといわれました。

~結果が出るまでの数日の間に、狙っていた家のビューイングに成功!思ったとおりの家で即契約できました~

3日後、健康診断の結果がでたため病院へ回収行きエージェントに報告すると、

MOMとのアポイントメントをとるとのことでしたので最短の日にちで予約をしてもらいました。

当日MOMでは、証明写真や指紋をとりシンガポールという国で外国人として働くという実感が沸いたやすこさんでした。

 

そして、ついに!入社日が確定したという連絡を受け

いよいよやすこさんのシンガポール就労が開始します!

——————————————————-

 

やすこさんと同じように海外就労に興味があるけど、何から始めていいかわからない・・

シンガポールってどんな国なの?働きやすいの?些細なご相談からで構いません♪

まずはお気軽にご連絡ください!

シンガポールで就労中の皆様の転職のご相談も大歓迎です!
https://www.goodjobcreations.com.sg

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter