シンガポールで働きたい! と思ったら、まずは実践したい自己分析のポイント | Good Job Magazine (シンガポールでの就職・転職のあれこれをお届けするWebメディア「Good Job Magazine」です。シンガポール就職のコツ、就職体験談など、シンガ ポールでの就職・転職を目指す人に役立つコンテンツを配信します。) - Part 2

シンガポールで働きたい! と思ったら、まずは実践したい自己分析のポイント


改めて「なぜシンガポールで働きたいか」を考える。

最後にやっぱり重要なのが「なぜシンガポールで働きたいのか」を考えることです。

なぜシンガポールで働きたいのか?

なぜシンガポールで働きたいのか?

おそらく最初の3ヶ月は、言葉や食事の違いなど、生活をするだけで無意識のうちにストレスがかかります。また新しい職場に馴染もうと必死で頑張れば、自然と疲れもたまるでしょう。

遅かれ早かれ、誰しもホームシックにかかり「自分は一体ここで何をやっているんだろう!?」と疑問に思う時が訪れます。

帰るか、それとも残るか。

私自身、何度となくこの疑問が頭に浮かびました。日本での生活に特に不満がなかったからこそ、余計に「なぜあの生活を捨ててまでシンガポールに来たんだっけ?」と悶々と悩む日々もありました。

その度に「ああ、私はとにかくアジアで働くという小さな頃からの夢を実現したかったんだ。だからもう少し頑張ろう」と思いとどまっていました。(一方、シンガポールに来ることが目的となっており、その先に何を実現しようとしていたかは、とても曖昧だったことに気づきました。しかしそれは、行動に移したからこそ発見できた新たな自分でした。)

海外で働く目的がしっかりしていれば、どんな時も決断することができます。

何もカッコいい理由じゃなくて良いんです。「とにかく海外で働きたかったから」とか、「英語力を伸ばしたかったから」とか。はたまた「日本は自分に合わないから」とか「彼氏に振られたから」でも良いと思います。

現地採用として働く最大のメリットは「海外で働く目的を自分で決めることができる」ということだと思います。私たちはいつ働くのも、どこで働くのも、いつ帰国するのも、すべて自分の意思で決められます。

まとめ

今回は、海外転職するならまずはやっておきたい「自己分析」のポイントをお話しました。

内定を手に入れるだけなら、自己分析なんてそこまで必要ないかもしれません。しかし、自己分析をした人としない人では、実際に働き始めた後の納得感が違います。

海外で働くー。

いくら海外就職が身近になったとは言え、それはあなたの人生を変える大きな決断となるでしょう。せっかくの機会に、納得がいくまで、自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか? その先には、きっと素敵なシンガポールライフが待っているはずですよ!

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter