シンガポールのアート地区 Gillman Barracksへ行って見ませんか? – Good Job Magazine

シンガポールのアート地区 Gillman Barracksへ行って見ませんか?


こんにちわ。

グッドジョブクリエーションズの高田です。

本日は、シンガポールの植民地時代に立てられたイギリス軍施設跡地Gillman Barracksをご紹介します。

2012年からシンガポールの現代アートの発信地としてオープンし、緑豊かな敷地の中に14のコロニアル様式の建物を

アートギャラリーやカフェに利用しています。

週末に、アートに触れながら敷地内をゆっくりと散策してみてはどうでしょうか?

 

歴史

Gillman Barracks は1936年に英国軍第一大隊のために建てられた兵舎で、その後は

シンガポールの徴兵訓練場として利用されていました。

2012年に修復を終えたGillman Barracksをシンガポール政府が現代アートの発信地として

一般に開放しています。

DSC_0149

 

場所

 

9 Lock Road Gillman Barracks, Singapore 108937, Singapore

MRTラブラドールパーク駅(サークルライン)から徒歩10分

Entrance

 

行き方

 

今回はMRTラブラドールパーク駅からの行き方です。

MRTラブラドールパーク駅の出口は一つしかないので

DSC_0129

 

地上に出たら右手に進んで下さい。

10分ほど歩くと右手にGillman Barracksが見えてきます。

今回はバス停の前のGillman Barracksの標識からぐるっと回っていきます。

 

Pic21

 

まず初めに見えてくるのが、 NTU Centre for Contemporary Art Singapore という建物で

今回は、Ghosts and Spectres-Shadow of History が展示中でした。

中へ入りじっくりと見てみましたがよくわかりませんでした。(汗)

 

Pic CCA

 

次に、右手に見えてくる建物はお子さんのアートクラス用の建物です。

中を覗くと沢山の小さなアーティストが真剣に紙飛行機に色を付けていました。

 

Piv Plyeume

 

また、その一角にSUPERMAMAという有田焼きxシンガポールの若手デザイナーのコラボレーションのお皿や

日本の雑貨、食器を展示販売しているギャラリーがあります。

日本のすばらしいハンドクラフトを沢山展示されていて

シンガポールのかたも興味深げに見ていらっしゃいました。

また、この日は Gillman Barracksの別の建物で

SUPERMAMAx石巻工房のコラボレーションで手作り椅子のワークショップの開催していて

次は、私も参加してみたいと思いました。

 

DSC_0138

 

その他にも、広い敷地内にアートギャラリーが点在していますので一つずつ覗いて見てください。

 

Block37,38はアーティストの方の工房のようで中から 作業中の音が聞こえてきます

Block37,38はアーティストの方の工房のようで中から作業中の音が聞こえてきます

 

Gillman Barracksは週末でもシンガポールのほかの場所と違ってとても静かで

虫の鳴き声や、葉擦れの音に癒されます。

このような沢山椅子やテーブルが用意されているので、お弁当持参でピックニックにも最適だと思います。

 

DSC_0151

 

尚、敷地内には6つのレストランとカフェがあって緑に囲まれた静かな雰囲気がとても素敵でした。

 

DSC_0154

 

このレストランのテーブルと椅子がかわいい!

このレストランのテーブルと椅子がかわいい!

 

トイレもおしゃれですね

トイレもおしゃれですね

何も予定のない週末のブランチや

少し静かなところでゆっくり読書がしたいときなど

ぴったりな場所だと思いますので是非行ってみて下さい!

 

シンガポールでのキャリアップを目指される場合は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
日系企業に限らず、外資・ローカル企業も幅広くご紹介可能です。

シンガポールの求人・就職・転職はGood Job Creations
http://www.goodjobcreations.com.sg/

 

ABOUTこのサイトについて

Good Job Magazineは、 シンガポールで就職・転職を考えている人を応援するWebメディアです。 シンガポールでの就職のコツ、ワークスタイルなどさまざまなコンテンツをお届けします。

TwitterTwitter